「もう一生お酒を飲めないのか・・・」「またあの激痛が起きたら…」と痛風のしょうじょうであなたは悩んでいませんか?実は、お酒を我慢することなく、食べたい食事を食べながら、尿酸値を正常に戻し、激痛を改善させる方法があります。

痛風wiki(民間療法と喫茶の歴史) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

水分を多めに摂る事で、非常な痛みを伴う症状の発生を予防できる事は、古くから経験によって知られていた。これは排尿によって血中尿酸濃度を下げる効果があるため、関節への尿酸結晶の発生を避けられるためである。

特に利尿作用のある緑茶・紅茶・コーヒー等を多量に摂取して大量に排尿すれば、それだけ大量の尿酸が体外に排泄される事にも繋がるため、より症状発生の予防ができるとされている。しかし利尿作用も度が過ぎると、脱水症状を起こして症状が悪化したり、尿路結石が出来る可能性もある。

ヨーロッパに喫茶の習慣が伝えられると、痛風の症状を緩和できたり予防できるとして、盛んに喫茶が流行・奨励された。

なお当時の緑茶が、日本・中国などのアジアでしか生産されていなかった事もあり、大変贅沢な療法とされ、オランダが日本産や中国産の、イギリスが中国産の緑茶を独占的に扱っていたため、緑茶が高価過ぎて手が出せない事情から、フランスやドイツでは、コーヒーの飲用が流行したという。紅茶は、保存に便利で効果の程は緑茶と大きく変わらないとして、後々のイギリスにおける紅茶文化発展の元となった。

今日では、これらの飲料は大変安価なものになったため、気軽に試せる民間療法ではあるが、前記の通り、現代医学の上では問題点も提起されているし、何より飲み過ぎれば安眠を阻害することにも繋がる。

また、尿酸値を下げることが発作のリスクを抑えるという観点から、肝機能向上(中性脂肪を減らし、肝臓内に蓄えられているプリン体自体を減らす)と腎機能向上(腎臓の負担を減らし、効率的に尿酸の排出をうながす)は重要な療法といえる。具体的には、散歩などの有酸素運動、低塩分、低カロリーな食事、カリウムを多く含む食品の摂取、十分な水分補給と入浴、睡眠などが効果があるとされる。

アメリカでは尿酸値を下げる効果と痛風発作の痛みを緩和する効果があるといわれるアメリカン・チェリーは、アントシアニンなどのポリフェノール類が働いているといわれている(効果はあるようだが、まだ臨床と研究段階でメカニズムは解明されていない)。


ビールを我慢しなくて良いですし、好きなものを食べても痛風が治療できるんです!

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。痛風に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

痛風wiki

当サイトに関して