「もう一生お酒を飲めないのか・・・」「またあの激痛が起きたら…」と痛風のしょうじょうであなたは悩んでいませんか?実は、お酒を我慢することなく、食べたい食事を食べながら、尿酸値を正常に戻し、激痛を改善させる方法があります。

実践者の感想(市川昌男さん 57歳 神奈川県)

私が痛風の症状が出たのは5年くらい前です。
前日から、足に違和感を感じていました。
足を、地面に付けると、チクチクするような感覚でしょうか。
それが次の日になると、ジンジンしてきて、だんだんと我慢できない痛みになっていました。
あまりにも痛いので、もしかしたら骨折でもしたかと思い、病院に行きました。
症状を話したところ、整形外科に回されました。
そして、レントゲンと血液検査の結果、骨折やヒビなどはなく、尿酸値が93㎎/?で、「痛風です」と診断せれました。
「高尿酸血症が原因です」と言われましたが、その時は、尿酸値の数値も良く分からないほど、痛風についての知識がありませんでした。
そして、医散、尿酸値を下げる薬をもらって、「来週もまた来て下さい」と言われて帰りました。
ですが、うちの妻がインタ―ネットでいろいろ調べたところ、痛風になってすぐに尿酸を下げる薬を飲むと、逆に尿酸値が上がる場合が多いので、飲まない方が良いのでは
とのことで、薬は飲まずに痛むところに湿布を貼っていました。
そして、たまたまその時に、痛風改善プログラムのページを見つけたので、始めてみました。
痛風についての知識から、対処法、生活の方法、食事について、メンタル面まで、いろいろと分かりやすく書いてありました。
私の尿酸値の状態がかなり悪いということが分かり驚き、すぐに、実践してみました。
そして、1週間後に病院へ再度行くと、尿酸値が9.3㎎/から7.5㎎/?まで下がっていました。
そして改善プログラムの通りにしていたせいか、痛みも3日くらいで引いていました。
そして又、1週間後に、病院へ行くと、さらに、6.4㎎/?まで尿酸値が下がっていました。
薬は飲んでいないのですが、湿布は貼って、改善プログラムの通りにやったことが良かったのかなと思います。
医者には禁酒命令が出ていますが、お酒は飲んでいます。
でも、病院に行って尿酸値をは樽と数値は安定しています。
しかも、痛風は1回痛みが出ると何度も起こると聞くのですが、私は、それ以来まったく痛みが出ていません。
もう、あの痛みは経験したくないので、これからも改善プログラムを続けて行きたいです。


実践者の感想一覧へ戻る

とっておきの痛風治療法の詳細はコチラ

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。痛風に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

痛風wiki

当サイトに関して