「もう一生お酒を飲めないのか・・・」「またあの激痛が起きたら…」と痛風のしょうじょうであなたは悩んでいませんか?実は、お酒を我慢することなく、食べたい食事を食べながら、尿酸値を正常に戻し、激痛を改善させる方法があります。

実践者の感想(尾原通正さん 60歳 東京都)

1、改善プログラムを読む前の状況
会社員としての在職中は40歳以降人間ドッグを受けることが義務付けられており年1回受けるようになって以降、血液検査でいつも基準値をオーバーしていた項目が、中
性脂肪値、コレステロール地、尿酸しでした。
腹囲も86cmから88cmでいわゆるメタボの状況が慢性化していたと思います。
ビールは毎晩大瓶1本欠かさず飲んでいました。
歩く事も平均5千歩以内で慢性的に運動不足が常態化していました。
ある日曜日の朝、余の親指の付け根付近の痛さに起きて患部を見たところ赤く腫れ熱を持っていました。
以前から食卓の椅子の足に指をぶつけていたことを思い出し、これは骨にひびが入った痛みに違いないと思い救急病院の整形外科に駆け込みレントゲンを撮って貰いました。
止まることのない激痛に襲われる1日前に、歩くことには問題がなかったのですが、足の付け根が痛む初期症状は思い返せばありました。
2、改善プログラムを知ったきっかけ
痛風と診断され、抗炎症の痛み止めの薬を約1週間食後に飲みました(パルス療法と言うらしい).
靴を履いてびっこを引きずりながら歩けるようになるまで4~5日かかりました。
風が吹いても痛い痛みとはこういうものかと思い知らされました。
尿酸値を下げる薬(ザイロリック錠)は症状が治まってしばらく時間をおいてから服用すべきとの医者のアドバイス通り、約2カ月後から服用始めました。
この痛みの再発は絶対嫌だとの気持ちからインターネットで関連記事を探しずいぶん読みました。
検索で即見つかったのがこの「痛風改善プログラム」でした。
3・役に立った内容
まず生活習慣病であるとの認識に立っていることで、何かひとつだけ改善すれば治る病気ではない事を理解した。


実践者の感想一覧へ戻る

とっておきの痛風治療法の詳細はコチラ

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。痛風に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

痛風wiki

当サイトに関して